忍者ブログ

気づきの記録

日常の中の小さな気づき。忘却の中に浮かぶかすかな記憶…。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/22/04:12

泣く

祖母の命日に涙が出た。

私は祖母が入院している間、毎日とは言えないけど病院に行っていた。

でも、最後の言葉を覚えてない。

亡くなる前、午前中にいつものように病室へ行った。

すでに、声をかけても反応がない。

びっくりして、急いで看護婦さんを呼んだ。


この日から、モルヒネを投与すると言われていた。

意識がなくなったのはモルヒネのせいだろう。

祖母には、強すぎる薬だったのだ。


もう、しゃべることはできなかった。

声も聞くことができなかった。

こんなことって、あっていいの?


苦しさを軽くするために、モルヒネの投与に私は承諾した。

私は祖母を死へ導いてしまった。

いや、殺したのかも知れない。私が。


まだ、言いたいことはたくさんあったはず。

伝えたいことはまだまだあったはず。

私なんかよりも、会いたかった人もいたはず。


謝っても、涙を流しても、許されない。

私の罪は贖うことができるの?


今年の命日、なぜかこのことが思い出されて、仏壇の前で涙が出た。

泣いたって、許せない。と、祖母は思っているかもしれない。


おばあちゃん、ごめん。

おばあちゃんを慕っていた人、ごめん。

おばちゃん、ごめん。おばちゃんのお母さんを殺してごめん。

妹、従兄弟たち、ごめん。大事なおばあちゃんを殺してごめん。


ごめん、ごめん、ごめん。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら