忍者ブログ

気づきの記録

日常の中の小さな気づき。忘却の中に浮かぶかすかな記憶…。

NEW ENTRY

必要とされること

誰かに必要とされたいと、いつもいつも渇望している。
それが、私の価値だと思うから。

私の全てじゃなくて、一部分でいいから。


誰かが私の目の前で、誰かに必要とされているのを見ると
醜いくらいの嫉妬心が芽生える。

私はその嫉妬心を顔に出してしまっているだろうか。

そんな、傲慢な自分に反吐が出る。


家族だから、恋人だから、そんな理由で必要とされたくない。
ちゃんとした理由が欲しい。

私の代わりはいくらでもいる。
そう思われているのは、悲しい。

でも、それが事実で真実。
それは、家族であっても恋人であっても。
私の代わりはいる。

どうせ、私の代わりはいるのだったら…
というより、私はいらないのだったら、どうして目の前の私を排除しないの?
どうせなら、殺してくれればいいのに。

私だけ、いらないのでしょう。
私が邪悪の根源なのでしょう。

私は使えない人間で、この世界に必要のない人間。
明日死んでも、誰も気づかない、そんな人間。

愛されたいわけじゃない、必要とされたい。
たとえ、人として見られてなくても。

そんな、私の傲慢な欲望。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら