忍者ブログ

気づきの記録

日常の中の小さな気づき。忘却の中に浮かぶかすかな記憶…。

NEW ENTRY

「忘れてしまった」ことへの罪悪感


朝、父から言われて「はっ」と思った。

今日は母の命日だった。



去年は多分、1月に入ってからずっとこの日を気にしていたような気がする。

どうして今年はすっかり忘れてしまったんだろう。



大事な日を忘れてしまうほど、忙しかった?

そんなことは無いでしょうね。

無意識に忘れてしまいたかったのだろうか。



でもね、この日だけが亡くなった母との接点では無いんですよね。

毎日、毎日仏壇の位牌に手を合わせ、時には母の入院していたときのことを思い出し涙したり。

そうなんだけど、そうなんだけど、この日は忘れていてはいけなかったはず。



今でも思い出す風景は、母の亡くなる前日。

いつものように朝、母のいる病室に行く。

「おはよう〜」

声をかけると、母がゆっくり

「○○ちゃん〜」(○○は私の本名です)

と応えてくれる。

この声がとてもとてもやさしくて、やわらかくって気持ちがよくって。

忘れられない声。

耳に残って離れない、リアルな声。



都合のいいときだけ思い出しては感傷に浸って、大事な日をすっかり忘れてしまうなんて

なんて自分勝手なんだろう。

ほんと、だらしないなぁ。

今の私は毎日をただ消費しているだけ。

もっと、大事なことを見つけて毎日を噛み締めながら過ごさなければ、私の魂の成長は

止まったままでしょうね。

今日はいろいろなことを考える一日になりそうです。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら