忍者ブログ

気づきの記録

日常の中の小さな気づき。忘却の中に浮かぶかすかな記憶…。

NEW ENTRY

出会いの不思議


「NARDを選んだ訳」の続きのような事なんですが、

どうしてこのスクールを選んだか…、そこんとこをもすこし詳しく

書きたいと思います。



家からバスで20分弱の駅前にある、ある百貨店。

ここにいつも行くアロマテラピーのショップがあります。

何度か通って、ここでスクールを開講しているのも知りました。

そのころ私は完全な無職で、家にこもり家事手伝いの名の下に

なんにもしていない状態でした。



スクールに行くことを決めた日、実はその日は普通の買い物の

ついでにショップへ寄っただけでした。

私と叔母と姪。その時は3人で行きました。

私はその百貨店に行くときは必ずと言っていいほど

そのショップへ寄るのでいつものごとく寄ったのでした。



ショップへ行くと、見たことがない50代ぐらいの男の人と

40代ぐらいの女の人がショップの店員さんと和気藹々と話しています。

このショップの関係者なのは何となく分かりました。

いつものように何を買うでもなく、精油のサンプルを嗅いだりして

小さな店内をふらふらしていました。

叔母と姪がお店に貼ってあるスクールの告知を見つけて、私に

「やってみればいい」と勧めてきました。

私は前にショップに来たときに資料をもらったことがありました。

興味のないことではなかったのですが、踏ん切りが付かなかったのです。

お金の問題もありましたが、その時の私は全てにおいてやる気が無く、

無気力で外の世界に出ることがただ純粋に嫌だったのです。

叔母と姪は私が前々からアロマテラピーに興味のあることを

知っていました。そして、無気力な私に何かさせたいと思ってくれて

いたんです。

その時の私は荒れていたわけではないですが、とにかくやる気が無くて、

外との関わりを自然とシャットアウトしていた感じです。








ショップにいた中年と男性はショップのオーナー兼講師で女性も

講師をしている方だったのです。

オーナーは私と叔母と姪の会話を聞いていて、そこで

スクールについて、アロマについていろいろ説明してくれました。

そこまで話していてもスクールに行くことを躊躇している私に

叔母と姪がガンガンと話を進めていきます。

初めは他人事のような私でしたが、乗り気になってきたのと

なんか後に引けなくなってきた感じもあり、

「よろしくお願いします」

スクールに行くことになったのです。





ここでポイント。

私は自発的且つ積極的にスクールに行くことを決めていないんです。

偶然、オーナーとお話ししてそしてそこに叔母と姪がいて

この偶然が重ならなければ、スクールに行くことは無かったと思います。



不安はありました。

スクールということは生徒は私一人ではない。

私は人間関係が苦手で、他人と上手くやれる自信がなかったんです。

講座の内容についてはとても魅力的でそこには真っ先に惹かれました。

オーナーはこの時私のそんな気持ちを見抜いていた感じがします。

いい仲間ができるよと励ましてくれたんです。

オーナーはプラクティショナーではないんですが、フラワーエッセンスの

カウンセリングもできるし、オーラソーマのリーディングもできる人でした。



オーナーや女性講師のAさん(別にイニシャルにする必要は無いんだけど

何となく…)と話しているととても居心地がいいんです。

スクールに行くと決めてからドミノが次々と倒れていくように

何かが動きだした気がしました。

止められないけど、それは私が変わっていける一つの道筋のような

気がします。

叔母と姪と、その偶然の出会いに今では感謝しています。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら