忍者ブログ

気づきの記録

日常の中の小さな気づき。忘却の中に浮かぶかすかな記憶…。

NEW ENTRY

『ホリディ』を観ました


あまり、頻繁に映画を見ない私。

ひょんなことから、『ホリディ』を観ることになりました。

本当は『ナイトミュージアム』を観る予定だったんだけど、なんか映画館の入り口まで来て「『ホリディ』にしたいんだけどいい?」と友達に聞きOKをもらいました。



感想は「おもしろかった〜」。

基本的にラブストーリーは好きなんですよね。ラブコメならなおさら。

リアリティとかCGがどうとかそういう映画の技術は興味ない。

楽しくてハッピーならいいのです。

そして、ちょっぴり感情移入できるもの…これですよ、これ。



前に『プラダを着た悪魔』を見たときは、実はイマイチだったんですよね。

私の好きな女性が仕事をバリバリこなして、頑張って夢を実現させるっていうお話なんだけど、何かイマイチだった。

メリル・ストリープはすっごく素敵だったんだけど。



今回はビンゴでした。






私的な感想をつらつらと。



まず、ケイト・ウィンスレットにじわぁ〜と感情移入。

どうして、あんな男を好きになっちゃうの!?

頭では分かっていたとしても、ちょっとした彼の言動に心が動く…。

傍から見たら、「すっぱり、あきらめちゃいなさいな」って話なんだけどね。



ちょっと不満なのが、ジャック・ブラックのオイシイ出番が少なかったかなぁと言うこと。

もっと、ケイトとの絡みを見たかったなぁ。

なんとなく、ラブラブモードのお話はキャメロンの方がウエイトが重かった感じがしてね。それはそれでいいんだけど。

ジャックがやっぱり素敵な男性を演じていたので、もっと見たかったなぁ。



そして、ジュード・ロウ。

言わずもがな、素敵なハンサムさんです。

女ったらしのような軽いハンサムじゃなくて、しっかりしたハンサム。

(分かりにくいかもしれないけどね)

あと、めがね男子萌えとしては見逃せないのが、彼の黒ぶちめがね。

大きからず、小さからず、黒ぶちなのにダサくなくしっくりマッチしていて、それをかけた瞬間うっとり…。

コンタクトをなくしたから、めがねをかけたというシチュエーションにも激しく萌え!

見た目ばっかりになっちゃうけど、私は胸毛のある男性はどちらかというと苦手なのですが、ジュード・ロウの胸毛は何があっても許せます(笑)

あと、ネタバレになっちゃうので、はっきり言えないんだけど、彼の役の家庭環境(?)が私の心にぎゅ〜んとくるものがあって、もうそれがたまらなくて…。キャメロン・ディアスの心の揺れに私がシンクロしそうだった。





気が付いたら、泣いていたんだよね〜。

泣くような映画じゃないんだよ。泣くような場面なんか一つもないんだけど、泣いていた。

友達が??って感じだった。

胸がキューンとなって、見ていられなくて画面から目をそらす時もあった。

でも、最後はハッピーな終わり方で、でも、現実だったらこれで終わりじゃないんだよなぁって思ったけど、幸せ結末ならいいんです。映画だもん。

彼女たちはこれからが始まりで、また新しい世界が広がって行くんだなって、思った。



『ホリディ』の場合は失恋をきっかけに自分を変えていく。

どんな形であれ、自分をよりよく変えていくために「きっかけ」が必要なんだなぁって、思った。

きっかけがないと、なかなか前に進むことができないものね。

新しいことの連鎖反応で、どんどんポジティブになっていく彼女たちを見ていてすごく、気持ちはよかった。



何はともあれ、いい映画でした。

三十路前後の女性に特にお勧めです!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら