忍者ブログ

気づきの記録

日常の中の小さな気づき。忘却の中に浮かぶかすかな記憶…。

NEW ENTRY

自己嫌悪なんだなぁ


私はそそっかしい。



これは昔から家族から言われていたことなんです。

けど、最近は本当に特に言葉を発することに関してそそっかしいのです。

後から思えば、「これは余計な言葉だったな」と後悔することがとても多い。

家族に対してだったらそう思ったらすぐに「さっきはごめんね」とか

謝れるんだけど(まぁ、時と場合によりますが)他人だとそうはいかない。



今日も、思えば2回ほど「これは余計な言葉だった」と言うことがあった。

けれど、謝りにはいけないし、謝ったところでもっとその人の気分を

害してしまいそうでとても怖いのです。

私は基本的に他人に対する優しさや気配りがものすごく足りないのです。

自分よりも何よりも他人に対する気配りが、人間関係を円滑にする

ポイントだと感じます。

私の場合自分が嫌いな割には自己中心的な考え方になってしまう。

もしかしたら、自己中心的と言うよりも他人に興味がないのかも。






口から出た言葉はもう、戻すことはできないのです。

短い言葉にとてもたくさんの深い意味が込められていたり、

なんだか難しそうな話だけど、言葉や中身は薄っぺらだったり。

よく「行間を読む」という言いますが、字面だけ表面だけを追っても

その言葉の真意には辿り着けなかったりするんですよね。

言葉を発することは責任のあることなんです。

そして言葉を受け止めるのは真剣にしないと真意をつかみ損ねてしまう。



お互い人間だし、間違いだってある。

うっかりだってあるし、私なんてそそっかしい。

人間全てが悪意から成り立っているわけじゃない。

でも、私がそそっかしく発してしまった言葉に悪意を感じてしまうかも

しれないのです。

何もないところから悪意は生まれない。

悪意を生み出させてしまった私は罪悪感ばかりを感じてしまうのです。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら